細菌を防ぐ方法|インフルエンザを対策しよう|マスクや手洗いが大切

インフルエンザを対策しよう|マスクや手洗いが大切

細菌を防ぐ方法

サージカルマスク

インフルエンザの対策をするための方法として手洗いがあります。手にはあらゆる細菌がついています。それはインフルエンザウィルスも例外ではありません。特に接触感染となると、手に付着したインフルエンザウィルスにより感染する可能性があるため手洗いを行う必要があります。ただ、水だけで洗い流す手洗いを行えばいいというわけではありません。丁寧に正しく手を洗う必要があるのです。石鹸などを活用して、手を隅々まで洗うことが大切になってきます。日頃の生活リズムを整えておくことも大切です。どうしても生活リズムが崩れてしまうと、体力や抵抗力が低下してしまい、感染症などを発症させてしまうこともあります。このため、生活リズムを整えて、栄養素をしっかりと補給しておくことが大切です。栄養素が偏ってしまっている時などは、サプリメントなどを活用してできるだけ栄養素に偏りがないように気をつけましょう。

よりインフルエンザの対策をするために欠かせないものがマスクです。飛沫感染のように、インフルエンザウィルスが空気中に飛散していることもあります。それらを吸い込んでしまうと感染してしまいますが、マスクをしていることにより吸い込むのを防ぎ対策することができるのです。ただ、マスクをつけておけば感染しないというわけではありません。マスクによってカットできるウィルスは限られています。このため、マスクだけではなく程度や生活リズムの調整などが必要になってくるのです。人混みなどを控えるのも対策の一つといえるでしょう。