症状をチェック|インフルエンザを対策しよう|マスクや手洗いが大切

インフルエンザを対策しよう|マスクや手洗いが大切

症状をチェック

寝込む人

インフルエンザになってしまうとどのような症状が発症するのか確かめておきましょう。インフルエンザになると、38度以上の高熱を発熱してしまいます。38度以上の高熱が発症した際はできるだけ、病院に行って対策を行うことが大切です。また、インフルエンザにより発症する症状として特徴的なのが、全身症状といわれる広い範囲で発症する症状です。頭痛や、関節痛などは特に有名でそれが酷くなった時はできるだけ病院で処方箋を貰うなどの対策を行うことが大切です。筋肉の痛みが発生することもあるため、体のだるさなどと共にそれらを感じた際は気をつけておくことが大切です。風邪と同じような鼻水やくしゃみなども続くことから、それらが酷くなるようでも病院に行くことが大切です。インフルエンザの特徴として、急に発熱や頭痛などが起こることもあるため、そのようなときも慌てず病院で対策してもらうことが大切です。

このような危険なインフルエンザに感染しないためには、飛沫感染や接触感染に気をつける必要があります。飛沫感染は、インフルエンザに感染したひとがくしゃみなどを行うことにより、その際にウィルスが飛沫してしまうものです。そのため、近くにいる人などにそのウィルスが飛んでしまい、感染してしまうこともあります。特に人混みの多い場所などでは、このようなことで感染する可能性もあることから十分に気をつけておくことが大切です。接触感染は、感染症がウィルスのついた手で触れた部分を、他の人が触ってしまい、それを食事時などに吸い込んでしまうことで感染してしまうことで、手洗いなどで対策しましょう。